選ばれる理由 /

選ばれる理由
  • HOME »
  • 選ばれる理由

うぃずが選ばれる6つの理由

 

ここが違う!リハビリステーションうぃずが選ばれる理由!

安心して前向きにリハビリができるよう、他にはない 1対複数のセラピスト配置で日々のリハビリから生活時のご相談まで トータルサポート!

目標に合わせて経験豊富なセラピスト5人がチームで対応。

「量・質」が確かなうぃずなら、確実に改善が実感できます!

病院入院中は、リハビリを集中的に行います。
退院も継続してリハビリしたい!でもじっくりと時間をかけて
行える場所がない!とお悩みの方は量も質も確保できるうぃずの自費リハビリをお勧めします。

お一人様につき、国家資格をもった経験豊かなセラピストがチームを組んで対応。
1回あたり最長120分、ご利用者様が本当にかなえたい目標にむけて、充実したリハビリサービスを提供いたします。

理学療法士 川崎

理学療法士 市川

理学療法士 鈴木

作業療法士 池田

管理者 森田

うぃずのリハビリはまずは評価から。オンリーワンの個別リハビリプログラムを作成

ご利用者様が本当にかなえたい目標を達成するため、最短・最適なリハビリプログラムを作成

うぃずでは、ご利用者様の状態を適切に評価することを第一に考えます。
目標に合わせた評価を選択し、現状の問題点を抽出、目標に対する“現在地”を示します。

評価結果は現状や進捗状況を見える化するため、得点推移を折れ線グラフに表し、目標値も付け加えた結果用紙をご用意致します。

ご利用者様とセラピストの間で、現状の課題を共有し目標達成までのプロセスを明確に示すことで、ご利用者様を含めたチーム全員が目標を共有しリハビリを進めることができます。
目標を細かく設定しながら、ご利用者様の心身状態や症状、達成度に応じて、改善に向けて根拠のあるリハビリを行います。

ご自宅からの通所の不安を解消!「通える」サポート

3回を上限に、ご自宅からセラピストと一緒に施設へ行くことで不安の軽減を図る“通所開始サポートサービス”

うぃずでは、原則送迎は致しません。
なぜなら、自分の意思で自分の持つ力で、改善したいという強い思いを持って施設まで来て頂くことも、リハビリと考えているからです。
これまで外出できなかった方が、電車やバスを利用し通おうという意識を持つことが大切だと考えているからです。

しかし退院した後、外出する意欲はあっても、なかなか不安から解放されず、家にこもってしまう日が続くと、最初の一歩を踏み出すのには、とても勇気がいることです。その勇気を後押ししたいという思いから、うぃずでは最大3回まで(単回の利用もOK)、セラピストがご自宅まで訪問し、一緒に施設へ行くことができます。その際、通所方法の工夫や通所手段の検討などを行います。
初回に限らず、うぃずのリハビリを利用期間中、雨の日や夏の暑い日など通所に心配がある時にもご利用して頂くことが可能です。

独自の課題表で自主トレーニングを徹底サポート

ご利用者様に必要なトレーニングを選別、メール・チャットなどを利用し随時ご相談にも承ります

どれだけ技術力の高いセラピストのリハビリをうけたとしても、実施する量が少なかったり、ご自宅での自主トレーニングが全く行われなかったりすると、最大の成果は見込めません。日常生活機能の改善、社会復帰などの目標を達成できるように、ぜひご自宅でもトレーニングを実施して頂きたいと考えています。(介護保険のリハビリを併用することもお勧めします。)

うぃずでは、その日のリハビリの様子や改善状況を踏まえながら、最適なレーニングをセラピストが説明し毎回自主トレーニング表をお持ち帰り頂きます。

さらに、お電話やメール・チャットなど、ご家庭の環境に応じて、当施設の営業時間内であれば、セラピストが随時ご相談をお受けいたします。
必要に応じ、ご家族様への介助指導や、自主トレーニング実施時のお悩みやご家庭での生活に関するご相談も承ります。

随意運動介助型電気刺激装置「IVES(アイビス)」の導入

ニューロリハの概念でリハビリの効果をより引き出す

IVESは脳卒中等の脳血管疾患および運動器疾患の方を対象として使用します。
マヒや筋力低下のある手足を電気刺激で動きをサポートし改善を目指します。
うぃずでは、自宅でも行えるよう貸出用の携帯IVESもご用意しております。

■利用例

【開始時】
脳卒中による左半身マヒの方。実施前は左足はほとんど動かず、つま先が挙がらない状態。歩行は屋内・屋外ともに杖・装具が必要だった。

【治療方法】
足に使用。右足の動きに合わせて左足の動きを引き出すモードを選択。

【5ヵ月経過後】
左足の動きが少しずつ出現、足首の可動域も拡大。
ご本人様より、「屋内は杖・装具を外しても歩けるようになった」
「つま先の引きずりや膝の突っ張りが少なくなった」という感想を頂いております。/p>

【今後】
今後は屋外も杖を使用せず歩けるようにリハビリを継続していく予定。

医学博士 宇都宮 正範先生 との連携による光線療法の導入

光線を介して、自己の治癒力を高める家庭でもできる自然療法 体に負担にならず、副作用なく痛みを和らげる効果あり

専用の機器を用いて、足の裏やひざなどに太陽光線を照射します。
深部温熱作用+光科学作用により健康不安のある方の健康管理から、現に病気に苦しんでいる方まで幅広く利用で、各人に備わった自然治癒力を高めることで様々な病気に有効に作用します。 
うぃずでは、光線療法の権威である 医学博士の宇都宮先生の全面バックアップのもと、光線療法にてリハビリとの相乗効果が得られる可能性の高いご利用者様には、詳細をご説明し、同意のもとで施術時間内に取り入れております。

参考 光線メディカル https://www.sanamore.co.jp/  光線療法普及協会 https://www.lt-pa.jp/

脳梗塞リハビリについてお気軽にご相談ください0120-700-118

脳梗塞リハビリについてお気軽にご相談ください0120-700-118